事業承継支援

 事業承継とは



事業承継とは、現経営者が後継者に対して
会社経営を引き継ぐことをいいます。


後継者の資質を育て、地位を譲る「経営承継」と、
経営に必要な資産を引き継ぐ「資産承継」の
ふたつから成り立ちます。



 誰に何を、どのように引き継ぐのか



現経営者がこれまで積み上げてきた資産は
無数に存在します。


株式や会社資産という有形のもの、
技術・ノウハウや関係者の理解という無形のもの。


譲渡先についても
親族内承継か、親族外承継か。
親族外承継とすれば、取引先企業(EBO)か、
金融機関(MBO)か、合併または買収(M&A)か。


それぞれに応じて
株式譲渡、役員の就任・退任、定款の見直し、
許認可等を見直す必要性が出てきます。



 計画的な事業承継を



後継者候補の選定から
事業の現状分析、事業承継計画の策定と
関係者の理解を得て、後継者教育ののちの
事業承継となります。



数年先まで視野に入れた承継計画に則り
順序立てて事業を譲渡することをお勧めします。